Language 日本語 

目次


安全上のご注意 ▼


1 章  製品紹介、特長 ▼


製品紹介
製品特長

 


2 章  各部名称、説明 ▼


フロントパネルの説明
リアパネルの説明

 


3 章  製品接続図 ▼


4 章 注意事項 ▼


使用上の注意
充電時の注意

 


5 章  OPAMP、バッテリー交換時の注意事項 ▼


ケースの分解
OPAMP交換
バッテリー交換
機器の組み立て

 


6 章  主要スペック、製品構成物 ▼


主要スペック
製品構成物

 


サービス案内 ▼


 

 

 

 

 

 


安全上のご注意 ▼


 

本製品を安全に使用するために、ご使用前に必ず取扱説明書をお読みください。

 

01.jpg

 

 

 

 

 

 


製品紹介、特長 ▼


 

製品紹介
AMP-HPはコンパクト&スタイリッシュな斬新的なデザインに、バッテリーを内蔵したモバイル型ポータブルヘッドフォンアンプです。iPod 、MP3プレイヤー、CDプレイヤーなど様々なポータブル機器と接続し、移動中でも高音質で音楽を楽しむ事ができます。
AMP-HPは独自の設計と、高級オーディオ用として開発されたOPAMP「MUSES8820」を採用し、Hi-Fi音質に引き上げるだけではなく、出力を大幅に増幅させ、300Ωの高インピーダンスヘッドフォンでも十分な音量を得られます。
また、iPod製品では付属のiPod Audio Cableを使用する事で、より高音質な音楽鑑賞をお楽しみ頂けます。

 

特長

● 新日本無線社製High Quality Sound Bipolar-Input Dual OPAMP 「MUSES8820」 搭載。
● 高音質/高出力のAnalogDevices社のHigh Output Current Amplifier「AD8397」 搭載。
● 超低ノイズ、およびHi-Fi音質を実現したオリジナル回路設計。
● 高効率/超低ノイズ用電源回路を搭載。バッテリーが完全に消耗されるまで±5Vの電圧 を安定的にOPAMPに供給。
● 3段階の省エネ電源スイッチ機能搭載。全ての端子に接続された状態でのみ電源ON。バッテリーの不必要な消耗を防止するため、入出力端子にケーブルを接続し、電源スイッチがONになっている場合にのみ電源が入ります。
● WIMA、LowESR、Tantalなど高性能コンデンサーを採用。
● コンパクト&スタイリッシュなデザイン。携帯に便利な専用ポーチ付属。
● iPod Audio Cableが付属し、iPod製品と接続時に高音質での鑑賞が可能。
● 最大1000回の充電が可能な、800mAhの大容量ニッケル水素バッテリーを内蔵。
● 充電の状態を表示する2色LED搭載。(GREEN RED)
● バッテリーの寿命を最大限延長するために過充電/過放電保護回路を搭載。長時間充電 時の過充電を防止。バッテリーのLow Voltageを自動認識し、自動電源OFF機能を搭載。
● Low Voltageとして認識され、自動で電源が切れた場合には、機器の保護のため アダプターを接続しても充電機能だけが進行し、機器はOFFの状態を維持。(スイッチを一度OFFにし、再度ONにすれば作動します。)

 

 

 

 

 

 


各部名称、説明 ▼


 

02.jpg

 

 

①ヘッドフォン出力(3.5mmステレオ ミニ)
イヤフォン、またはヘッドフォンを接続します。 (推奨インピーダンス:16~300Ω)

 

②動作確認用LED(2色LED)
電源をONにするとLEDが点灯し、バッテリー残量を表示します。
※緑色(多い、あるいは正常)→オレンジ色→赤色(微量)の順番で色が変わります。設定された低電圧状態(Low Voltage)に到達すると、バッテリー保護のために自動で電源がOFFになります。 充電時には電源スイッチのON/OFFと関係なく、充電用アダプターを接続するとLEDは赤色に表示され、 充電が開始されます。
※赤色(急速充電) →オレンジ色→緑色(充電完了)の順番で色が変わります。

 

③電源スイッチ
電源のON/OFFを切り替えます。
※ライン入力端子とヘッドフォン出力端子が全て接続されると、電源がONになります。 (Three-way Switch On機能搭載)

 

④ボリューム ノブ
ヘッドフォン出力のボリュームを調節します。
※アナログボリュームの特性上、ボリュームノブを最小25%(9時方向)以上でのご使用をお勧めいたします。

 

03.jpg

 

 

 

04.jpg

 

 

 

⑤電源端子
内蔵されたバッテリーを充電するために付属の充電用電源アダプター(DC12V~15V)を接続します。
※専用の車両用シガージャック(DC12V)での充電も可能です。(要別途購入)

 

⑥ライン入力端子(3.5mmステレオミニ)
MP3 Player、Portable Player、CD Player、Mobile Phone、iPodなど多様な携帯型音響機器に接続します。
※iPod製品では付属のiPod Audio Cable使用することで、さらに高音質での鑑賞が可能です。 

 

※参考事項
付属のiPod Audio Cableを接続した際に、警告が現れる場合があります。しかし、このアクセサリーはiPodに悪影響を及ぼしたり機能上の問題がありませんので、引き続きご使用いただけます。

 

05.jpg

 

 

 

06.jpg

 

 

 

 

 

 

 


製品接続図 ▼


 

07.jpg

 

 

 

 

 

 


注意事項 ▼


 

使用上の注意
1.16Ω未満のパッシブスピーカーなどへの接続は行わないでください。機器が故障する可能 性があるため、必ず16Ω以上のイヤフォン,ヘッドフォンに接続して下さい。
2.水にぬれたり、湿度が高いところに長時間放置すると機器が故障する恐れがあります。
3.機器を60℃以上の高温に長時間放置すると、バッテリーが爆発する恐れがあるので ご注意下さい。 (特に高温の車両内部に長時間放置しないようにして下さい)
4.無理に入力、および出力端子にジャックを挿入するとコネクターの故障の原因となります。
5.機器を高い場所から落とすなど、強い衝撃を与えないでください。故障する恐れがあります。 
6.機器を任意に改造、あるいは変更した場合は無償保証の対象外になります。

 

充電時の注意
1. 機器の周辺温度が非常に高い、または低い場合は、正常に充電が進行しない事があります。できるだけ常温(約25℃)で充電を行って下さい。
2. 充電中には機器に多くの負荷がかかり、発熱する場合があります。できるだけ機器の使用 は控えて下さい。
3. バッテリーをより長い期間使用するためには、バッテリーを全て消耗するまで使用し、充電 時にはLEDが緑色(充電完了)に変わるまで充電アダプターを抜かないようにしてください。(バッテリーの完全充電/放電が反復されれば寿命がさらに延びます。)
※LEDが緑色(充電完了)に変わっても、その後約4時間充電を行うと、さらに約5~10%充電されます。長時間アダプターを接続して充電を行っても、過充電保護回路が搭載されていますので、バッテリーとAMP-HPに負荷はありませんが、エネルギー節約の為にも12時間以内にアダプターは外して下さい。
4. 完全放電後の充電時にLEDが赤色で点灯しなかったり、約1時間30分以内にLEDが緑色で点灯(充電完了)、あるいは約3時間30分が過ぎてもLEDが緑色で点灯しなければ、機器 あるいはバッテリーが故障した可能性がありますので、サポートまで問い合わせをお願いします。

 

 

 

 

 

 

 


OPAMP、バッテリー交換時の注意事項 ▼


 

ケースの分解
1. 先に機器に接続したすべてのジャックを取り外し、フロントパネルの電源スイッチをOFFにします。
2. ケースにキズがつかないよう注意してリアパネルの両側ネジ2個を外し、リアパネルを取り 外します。
3. フロントパネルのボリュームノブをゆっくり押し、リアパネル側から徐々に基盤を引き出します。

 

08.jpg

 

 

OPAMP交換
1. ソケットにデフォルトで装着されたMUSES8820をOPAMP交換用工具(専用ピンセット、ロングノーズピンセット)などを使用して、OPAMPのPINが曲がらないように注意しながら 前後を少しずつ引き上げ取り出します。 
2. 既存のOPAMPを取り出したソケットに、交換するOPAMPの方向を正確に確認した後、PINが曲がらないように気を付けて最後まで押して装着します。

 

※DIP TypeのDual OPAMP(8PIN)の、 駆動 電圧±5V以上ならば交換は可能です。

 

※互換性の無いOPAMPへの交換や、取り付けの 方向を間違った場合はOPAMPだけでなく、全ての機器に深刻な損傷を与えます。OPAMP交換による故障は全面的にユーザー 様の過失となり、無償保証の対象外となる場合 がありますので、くれぐれもご注意のうえ交換して下さい。

 

09.jpg

 

バッテリー交換
1. ご購入時に装着されたバッテリーの方向と接続されたケーブル、およびコネクターの位置 を正確に記憶し、既存バッテリーをコネクターから取り外してください。(コネクターの接続は完全に同じ状態で新しいバッテリーを装着する必要があり、間違った接続の場合、故障などを引き起こす可能性があります)
2. 不良あるいは寿命が切れたバッテリーを交換する時は、必ず当社で提供するバッテリーに交換して下さい。
※他社のバッテリーに交換した場合、機器およびバッテリーに深刻な損傷を与える可能性があります。他社製バッテリーへの交換による故障は全面的にユーザー様の過失となり、無償保証の対象外となりますので、くれぐれもご注意下さい。

 

機器の組み立て
1. リアパネルを取り外したケースに、交換が完了したボードをボリュームノブのある 方から装着用レールに合わせ、ゆっくりと押し込みます。ボードとケースの終わりの部分が一直線になるように合わせてください。
※フロントパネル部のパーツがフロントパネルに当たり、なかなか入らない場合にはフロントパネル部のパーツを適当な器具を利用し、少しずつ動かしながら合わせてください。 
2. フロントパネル部の各パーツが完全に装着されたのを確認し、リアパネルを取り付けます。

 

 

 

 

 

 


主要スペック、製品構成物 ▼


 

主要スペック
● 入力端子:3.5mmステレオミニ
● 入力インピーダンス:11KΩ
● 出力端子:3.5mmステレオミニ
● 出力インピーダンス:5Ω
● 最大出力:300mW+300mW @ 32Ω
● 推奨ヘッドフォン インピーダンス:16~300Ω
● OPAMP:MUSES8820(ソケットタイプ) + AD8397(SMDタイプ)
● OPAMP駆動電源: ±5V
● バッテリー:NiMH(800mAh/3.6Vパック)
● 充電時間:約2~3時間
● 使用時間:約10時間
● 充電用アダプター:DC12~15V/1A
● 重量:134g (バッテリー含む)
● 大きさ(mm):60(W) x 80(D) x 20(H)

 

製品構成物
AMP-HP本体(バッテリー含む)
ステレオミニケーブル(バンドル用White/3.5mm/20cm)
iPod Audio Cable(バンドル用White/20cm)
充電用電源アダプター(DC12V~15V)
携帯用ポーチ

 

 

 

 

 

 


サービス案内 ▼


 

保証(修理・サポートサービス)規定
保証規定の適用にはユーザー登録が必要です。 購入日を含む30日以内にユーザー登録を


完了させて下さい。 30日を経過した場合の修理サービスは有償です。
● 販売店発行のレシートや配送伝票のない製品、またシリアル番号の確認ができない 製品は、本保証制度の対象外となります。
● 保証期間を経過した製品は、お客様のご要望により有償にて修理を承ります。 
● 株式会社Wisetech以外の第三者による日本国内への輸入品(並行輸入品)や海外で購入した製品、中古品や譲渡品の場合、本保証制度は適用されません。


■ 修理について
保証期間内に適切な使用状態において万一故障した場合には、無償で修理いたします。 
次のような場合には、保証期間内でも有償修理とさせていただきます。
● 取り扱い上の誤り、不当な改造や修理による故障及び破損 
● お買い上げ後の衝突、落下あるいは移送による故障及び破損 
● 火災、異常電圧、天災などによる故障及び破損 
● 購入店レシートもしくは配送伝票等のない場合 
● シリアル番号の確認ができない場合
● 保証書の提示のない場合
● 保証書の未記入、または字句の訂正がある場合 
● ユーザー登録の確認がとれない場合 
● 海外でご使用になった場合


■ 修理依頼方法
インターネットで弊社サポート関連記事(http://www.audinst.com/jp/)をご参照の上、Eメール(supportjp@audinst.com)にてお問い合わせください。 
サポート担当者が、お客様の製品に修理が必要であると判断させて頂いた場合
修理をいたします。お客様が故障と判断された場合でも、弊社サポートにご相談いただく事で容易に解決されるケースが多数ございます。返品や修理をご依頼になる前に、必ず弊社サポートまでお問い合わせください。


■ 修理・サポートをご依頼になる際の確認事項
修理をご依頼になる際には、お分りになる範囲で結構ですので、下記内容をお手元にご準備頂けます様、宜しくお願い致します。
● お客様のお名前・ご住所・電話番号・Eメールアドレス
● 製品名・シリアル番号・販売店・購入日
● 製品の接続状況


[ユーザー登録] - http://www.audinst.com/jp/
上記URLにアクセスしていただき、ユーザー登録ページで必要事項の入力をお願い致します。

 

 

 


 

 

 

본 설명서는 (주)오딘스트가 모든 저작권을 가지므로 내용 중 일부라도 복제하는 것은 금지되어 있습니다. 본 설명서에 기록된 제품의 성능이나 사용방법은 제품의 성능 향상을 위해 예고 없이 변경될 수 있습니다.
● 홈페이지 : http://www.audinst.com
● 고객지원센터 : 인천광역시 남구 주염로 58 (주안동, 주안시범공단공장동 801-1호)
● 전화번호 : 032-875-8390

 

 

Since only Audinst Inc. holds the copyright, this manual may not be copied or photocopied, in whole or in part.  In order to improve performance, the contents of this manual including the capabilities and the ways to use the product is subject to change without notice.

 

本書の著作権は Audinst Inc. に帰属します。本書の一部あるいは全部を Audinst Inc. から書面による事前の許諾を得ることなく複写複製(コピー)することを禁じます。本書に表示された製品の機能または規格は、性能向上のために予告なしに変更されることがあります。

 

B급 기기(가정용 방송통신기기)
이 기기는 가정용으로 전자파 적합 등록을 한 기기로써 주로 가정에서 사용하는 것을 목적으로 하며, 모든지역에서 사용할 수 있습니다.

 

 

ce.jpg

 

1. 기기의 명칭(모델명) : Amp-HP

2. 제조자/제조국가: (주)오딘스트 / 한국

 

 

상표정보
● Microsoft, Windows 및 Vista, 7, 8, 8.1, 10은 미국 또는 기타국가에서 Microsoft Corporation의 등록상표 또는 상표입니다.
● Macintosh, Mac OS 및 iPod, iPad 는 Apple Inc.의 상표입니다.
● 본 설명서에 기재된 모든 다른 상표명은 해당 회사의 상표 또는 등록 상표입니다.

 

 

FCC Statement

Note: This equipment has been tested and found to comply with the limits for a Class B digital device, pursuant to part 15 of the FCC Rules. These limits are designed to provide reasonable protection against harmful interference in a residential installation. This equipment generates, uses and can radiate radio frequency energy and, if not installed and used in acco rdance with the instructions, may cause harmful interference to radio communications. However, there is no guarantee that interference will not occur in a particular installation. If this equipment does cause harmful interference to radio or television reception, which can be determined by turning the equipment off and on, the user is encouraged to try to correct the interference by one or more of the following measures: 

 

ㆍReorient or relocate the receiving antenna. 
ㆍIncrease the separation between the equipment and receiver. 
ㆍConnect the equipment into an outlet on a circuit different from that to which the receiver is connected. 
ㆍConsult the dealer or an experienced radio/TV technician for help. 

 

Modifications not expressly approved by the manufacturer could void the user's authority to operated the equipment under FCC rules.
 

AUDINST